--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

  • Name:おっしー
  • >ジャスティさん
    コメントありがとうございます!
    サビ当初よりためていますか?
    気がつきませんでした。
    ライブで聴いたのやクリ約で聴いたのはあまり覚えていなくて(^^;
    今回はアレンジがとても素敵なのでそっちばかりに聴き入ってしまって、
    まだ歌詞も覚えてないです。
    「東京の空」を弾いたのですか!
    耳コピできるんですね!すごいな~。
    ジャスティさんのピアノ聴いてみたいです。
    そろそろ「さよならは言わない」の頃って、意味深ですね。

  • 2009/03/01 23:55 | URL 
  • Name:ジャスティ
  • 素敵な曲です。

    サビが当初と少し違って、タメますね。
    それが歌詞の意味をより強めている気がします。

    先日、大学のOBのピアノコンサートで
    「東京の空」を披露しましたが、
    またピアノでやらないといけない曲が増えました。

    僕らも卒業して5年、来年は6年。
    そろそろ「さよならは言わない」の頃かも知れません。

  • 2009/03/01 23:00 | URL 
  • Name:おっしー
  • >トットナムさん
    コメントありがとうございます!
    感想を見ないようにしていたのですね。
    私は他の人はどんな感想をお持ちなのか聞きたくて、コメントを待っていたんですけど、全然なくてちょっと寂しかったです(;;)
    これから感想探しの旅に行ってこようかと思います!
    「木の音」分かってくれて嬉しいです。
    表現力が足りないので伝わらないかと思ってずっと考えていました。
    聴いたばかりの感覚的な感想です。
    聴く度にいろいろ感じるのでまた追記するかもしれません。
    トットナムさんも映画音楽みたいだと感じたんですね!
    管弦楽器が入ってるからかとても壮大な感じがしますよね。
    映画館で聴いたらすごくよさそうです。
    弦の音がすごく気に入ってしまって、
    今は小田さんの歌よりもそっちばかり聴いてしまいます。
    あれはバイオリンなのかビオラなのかもしかしてチェロなのか私には分からないんですけど、
    ビオラかな~。
    あのメロディは小田さんが作ったのか、プレイヤーの人が作ったのかどっちなんでしょう。
    今回はとてもアレンジに力が入ってる感じがしますね。



  • 2009/03/01 13:39 | URL 
  • Name:トットナム
  • べつにレジに持って行くのが恥ずかしかったからではないのですが(笑)息子に頼んでCD買ってきてもらい、ようやく聴くことができました。
    先入観なしで聴きたかったので皆さんの感想も見ないようにしていたのですが、やっと解禁です。
    それでおっしーさんの感想を読んだら…素晴らしい!
    木の音…うんうん、確かにそんなイメージです。
    ドラマは殆ど見てないので、目を閉じて聴いていると、小田さんが歌っている姿や自分で勝手にイメージした風景が次々と浮かんできます。
    そして私もやっぱり、この曲は映画音楽みたいだなという印象を持ちました。

    小田さんの声はホントにミラクルですね。
    特に振り絞るようにシャウトするサビの部分、魂を揺さぶられるような感じで、鳥肌立ちました。

    前作「今日も どこかで」は、語りかけるように始まるライブバージョンがとても好きだったので、CDの方は買ったけどあんまり聴いてないんです。
    なんか賑やかすぎる気がして…(^^;
    今回もライブで聴いてかなりじ~んときてたので、CDはどうなるのかな?ってちょっと心配していたのですが…ホント、素晴らしいです!!



  • 2009/02/28 09:28 | URL 

Leave a Comment


Trackback

http://odeurduvin.blog14.fc2.com/tb.php/19-1772845f

02/26

本日発売の小田和正「さよならは言わない」買ってきました。
ap bank fes 08のDVDも一緒に。

CDは何度も聴いてます。
DVDも小田さんが出てる2枚目と3枚目の「緑の街」と「to U」のところだけ見ちゃいました。

まずはCDの感想ですけど・・・



素晴らしい。



名古屋で初めて聴いてうけた印象は「映画音楽みたい」だったけど、
それはやっぱり今も変わらないです。
というかCDでじっくり聴いてみて、一層そういう印象が強くなりました。

メロディも、がっと心をつかまれるようなとこばっかりいってるって感じだけど、
すごく、アレンジがいい。
アレンジャー小田和正ですね。
力入ってるなって感じです。
ストリングスの他にフルートとホルンも入ってますからね。
フルートなんて使うの小田さん久しぶりなんじゃないですか。
昔は自分で吹いていましたよね。
「愛のきざし」の小田さんのフルートはいい感じです。

小田さんは昔、シングルのカップリングにカラオケ入れるのはあまり好きじゃないと言っていた気がするんですが、
なんで最近カラオケ入れるのかなと思ってたんですけど、
こんなに素晴らしいアレンジなら、一つのインストとして聴く価値があります。
決してカラオケに合わせて自分で歌ったりできません(^^;
ボーカルありの曲では少し目立たなかった、
ヴァイオリンかビオラだと思うんですけど、これの音がとても素敵です。
いい音ですね~。
なんていうか、すごく、木の音がします。
古いアンティークの木製の家具のある部屋で、弾いてるようなイメージです。
エレキギターのきゅわ~んって感じの音も不思議でいいです。
なんとなく懐かしい感じ。過去に一瞬連れて行かれそうな。
フラッシュバックする感じです。
ピアノのコード進行もなんか個性的ですよね。
これは小田さんが弾いてるんですよね。クレジットがないけど。
なんだか、音作り職人小田和正の姿が目に浮かんできます。
独りで猫背になりながらピアノを弾いて譜面を書いている姿です。
感想というか音から感じたイメージばかり書いてしまいました。

ボーカルはまた更に声が高くなったような気がします。
やわらかくて、とてもやさしい・・・とにかく良い声(*^^*)
ミラクルな声です。

この曲の歌詞は、結構今の卒業式シーズンにもぴったりですね。
是非、どこかの学校で、流してください。

ドラマ「トライアングル」はパリも舞台にしていますが、
私はこの曲はイタリア映画のイメージです。

小田さんは、初めて感銘を受けた音楽は
映画「ティファニーで朝食を」で流れていた「ムーンリバー」で、
いつか自分もあんな音楽を作ってみたいと思ったそうです。
好きな音楽は映画音楽とよく言っていました。
まだその思いは小田さんの中にあるのかな。
私は小田さんに映画音楽やってほしいですね。

ap bank fes 08 DVDの感想はまた今度。

スポンサーサイト

4 Comments

  • Name:おっしー
  • >ジャスティさん
    コメントありがとうございます!
    サビ当初よりためていますか?
    気がつきませんでした。
    ライブで聴いたのやクリ約で聴いたのはあまり覚えていなくて(^^;
    今回はアレンジがとても素敵なのでそっちばかりに聴き入ってしまって、
    まだ歌詞も覚えてないです。
    「東京の空」を弾いたのですか!
    耳コピできるんですね!すごいな~。
    ジャスティさんのピアノ聴いてみたいです。
    そろそろ「さよならは言わない」の頃って、意味深ですね。

  • 2009/03/01 23:55 | URL 
  • Name:ジャスティ
  • 素敵な曲です。

    サビが当初と少し違って、タメますね。
    それが歌詞の意味をより強めている気がします。

    先日、大学のOBのピアノコンサートで
    「東京の空」を披露しましたが、
    またピアノでやらないといけない曲が増えました。

    僕らも卒業して5年、来年は6年。
    そろそろ「さよならは言わない」の頃かも知れません。

  • 2009/03/01 23:00 | URL 
  • Name:おっしー
  • >トットナムさん
    コメントありがとうございます!
    感想を見ないようにしていたのですね。
    私は他の人はどんな感想をお持ちなのか聞きたくて、コメントを待っていたんですけど、全然なくてちょっと寂しかったです(;;)
    これから感想探しの旅に行ってこようかと思います!
    「木の音」分かってくれて嬉しいです。
    表現力が足りないので伝わらないかと思ってずっと考えていました。
    聴いたばかりの感覚的な感想です。
    聴く度にいろいろ感じるのでまた追記するかもしれません。
    トットナムさんも映画音楽みたいだと感じたんですね!
    管弦楽器が入ってるからかとても壮大な感じがしますよね。
    映画館で聴いたらすごくよさそうです。
    弦の音がすごく気に入ってしまって、
    今は小田さんの歌よりもそっちばかり聴いてしまいます。
    あれはバイオリンなのかビオラなのかもしかしてチェロなのか私には分からないんですけど、
    ビオラかな~。
    あのメロディは小田さんが作ったのか、プレイヤーの人が作ったのかどっちなんでしょう。
    今回はとてもアレンジに力が入ってる感じがしますね。



  • 2009/03/01 13:39 | URL 
  • Name:トットナム
  • べつにレジに持って行くのが恥ずかしかったからではないのですが(笑)息子に頼んでCD買ってきてもらい、ようやく聴くことができました。
    先入観なしで聴きたかったので皆さんの感想も見ないようにしていたのですが、やっと解禁です。
    それでおっしーさんの感想を読んだら…素晴らしい!
    木の音…うんうん、確かにそんなイメージです。
    ドラマは殆ど見てないので、目を閉じて聴いていると、小田さんが歌っている姿や自分で勝手にイメージした風景が次々と浮かんできます。
    そして私もやっぱり、この曲は映画音楽みたいだなという印象を持ちました。

    小田さんの声はホントにミラクルですね。
    特に振り絞るようにシャウトするサビの部分、魂を揺さぶられるような感じで、鳥肌立ちました。

    前作「今日も どこかで」は、語りかけるように始まるライブバージョンがとても好きだったので、CDの方は買ったけどあんまり聴いてないんです。
    なんか賑やかすぎる気がして…(^^;
    今回もライブで聴いてかなりじ~んときてたので、CDはどうなるのかな?ってちょっと心配していたのですが…ホント、素晴らしいです!!



  • 2009/02/28 09:28 | URL 

Leave a Comment


Trackback

http://odeurduvin.blog14.fc2.com/tb.php/19-1772845f

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

merci pour votre visite

カレンダー

月別アーカイブ

depuis janvier 09

カテゴリ

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

RSSリンクの表示

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。