2009年04月の記事一覧

04/27

来月、5月31日に大阪城ホールで行われるイベントに小田さん出演が決定していますが、
おなじく大阪城ホールで一昨年に行われた FM802のイベント「Your Songs,Our Songs」で、
フィナーレに歌われたこの曲、今になってとってもお気に入りなんです。
ライブの数日後にFM802で放送された音源をiPodに入れてたまに聴いているのですが、
なんだか、これを聞き逃した人にも聴いてもらいたいなと思ったので、フリーペーパーの写真と編集して動画を作ってみました。
この超レアなコラボ!是非聴いてください!

↓↓↓↓



私は小田さんが
「いつの間にか僕らも 若いつもりが歳をとった」
ってところを歌ってるのがマッチしすぎてて好きです(笑)
これは小田さんしかないでしょ~って感じですよね。
若いつもりがね・・・
小田さんはいつまでも若いです!
ランニングマシーンの速度がどんどん早くなってるそうです!


このイベントに行ったときのレポを旧ブログからコピーします♪コチラです↓
スポンサーサイト

04/24

ポストにこんなもの入っていました。
町内会長さんが持ってきたみたいです。
090424_1.jpg



何気なく開いてみたら・・・・


小田さん!!\(゚▽゚=))/

090424_2.jpg

小田さん、たねまるだっこしてる(笑)
(*゚v゚*)プププ
「小田さん、ちょっとこれ持ってくれますか」
なんて言われて素直に持って写真を撮られてるとこ想像したら、
なんだか、可笑しい♪

記事はここで読めます♪
内容同じです♪

いま、横浜は開港150周年でいろいろイベントをやっているみたいです。
GWも沢山の人が来そう。
みなさんも横浜に遊びに来ませんかー(^▽^)
日曜にたまたまみなとみらいに行ったら、
巨大クモが2匹散歩してました。
音楽を鳴らしながらゆっくりと街中を歩いてて、とても不思議な光景でした。
夜になったらお尻を光らせながら港に戻ってきて眠ってしまいました。
FC動画を初めてアップしてみます

横浜に巨大クモ出現

[広告] アクセス解析

04/24

この前ジャスティさんが話していた「Thru The Window」すっごい久しぶりに見ています。
VHS、結構劣化してます。
小田さん、ちょっと若い!
走ってない!花道ない!
黒いジャケットがカッコイイ!!
大人の雰囲気のコンサートですねぇ。
ピアノに向かって歌ってることが多いし、
「so long my love」で小田さんはエレキギターのソロを弾いてましたね。
「ラブ突」もちゃんと歌ってます(笑)
これはよくテレビで流れますね。

このツアーを見に行ったのはたしか高校生のときでした。
パシフィコ横浜だったかな。
あの頃は遠征することも1人で行くこともできなかったから、
親や学校の友達と一緒に行ってました。
友達が結構盛り上げるの好きで、友達の誘いで、
私は人生でたった一度だけ、コンサートの掛け声をやったことがあります。
もう終わって小田さんがひっこむ頃だったかな。

二人でせーので「かずまさ~!」と叫んだんです・・・・

そのあと、私はかなり恥ずかしかったというか、さーっと血の気がひいたというか、
なんと表現したらいいのかよくわからないけど、
周囲の空気がひいた感じがしました。
なんか、言ってはいけないこと言っちゃったような気がして、
その事思い出すと冷や汗がでます・・・。
たぶん、その頃小田さんのことを「かずまさ」なんて呼ぶ人いなかったからかなぁ。
なんか周囲から冷たい目で見られた気がしました。
17、8歳の子どもだったので、もしあのとき不愉快な気分になった人いたら、
お許しください。
ずっと年上の小田先生に向かって「和正」なんて失礼ですよね(^^;
というか、掛け声をかけると、周りの人ってちょっとひくものなのでしょうか。
それでも大きい声で叫んでライブを盛り上げてる人ってすごいですね。
それを嫌う人もいるし、小田さん自身ちょっと嫌なときもあるかもしれないけど、
私は、誰かが面白い掛け声かけるのをいつも期待してるんですよね。
私はもう二度とやりませんが(^^;

話がかわりますが、今朝、「とくダネ」で、
いつも小田和正のことには一切触れない(笑)小倉さんが、
昨日あった絢香のコンサートに小田さんがサプライズゲストで歌ったことを
なんと笑顔で「小田さん、よかった~、映像がないのが残念」みたいなこと言ってました。
それがなんだか嬉しかったですよ。
「やった!」って感じで。
絢香がわざわざお願いして一緒にうたいたいアーティストなんだから、小倉さんも認めなさいって感じですよね(笑)





04/20

ファンなら小田さん縁の地巡りしてみたいですよね。
ツアーで遠征したときはご当地で行った場所に行ってみたり。
小田薬局は中学のころ行ってみたし、聖光学院は高校の時文化祭に行ったことがあります。
まだ行ったことがなくて、行ってみたかった場所は逗子。
今回は、ブログ相互リンクしていただいてる小田友ジャスティさんと逗子で小田さん巡りしてきました♪
オフコースの「夏の日」「君住む街へ」や小田さんの「真夏の恋」のPVで使われてるレストラン「マーロウ」に行ってみました。
以前kakoさんのブログで行かれたことが書かれてあり、私も行ってみたくなったのです。
ここはホームページにも「オフコース時代の小田和正ファンへ」という項目も載せているので、ファンの人は結構行くんじゃないでしょうか。
http://www.marlowe.co.jp/marlowetop1.htm
IMG_0489.jpg
外観でーす。結構派手です。
IMG_0485.jpg
「夏の日」でこの扉から顔を出している人は若かりし頃の「マーロウ」社長だと店員さんが教えてくれました↑(行ってすぐに小田和正ファンです!とアピールしておいた)

IMG_0488.jpg
店内にある小田さんが弾いたというピアノ↑ 
IMG_0477.jpg IMG_0479.jpg
私はクランベリー&オレンジジュースを注文。
サラダ2人分でこんなに山盛り!
新鮮なお刺身風盛り合わせサラダ
毎日前の海でとれる新鮮な魚と地元の野菜をぜいたくに使ったオープン以来人気のオリジナルサラダだそうです!
IMG_0480.jpg IMG_0482.jpg
ワタリガニや魚のパスタが名物らしいですが、
ちょっと値段的にも量的にも私にはつらいものがあったので、
パスタは、帆立貝と活スルメイカのスパゲティ、ソースバジリコを食べました。

デザートは有名なプリン2種類の盛り合わせ
あまーい。ひとつは酒入ってるようでした
オレンジピールと一緒に食べるとまた一味違っておいしい。

最後にこんな店から見える海と富士山と夕焼けの素敵なポストカードをくれました♪↓
IMG_0515.jpg
こんな景色見ながら食事できたら最高ですね~。



食事のあとは、披露山公園まで散歩に行ってみました。
よい腹ごなしです。
IMG_0491.jpg IMG_0493.jpg
ここからしばらく徒歩で坂を上ります。    駐車場からもこんな見晴らしがいい!

IMG_0494.jpg IMG_0501.jpg
こんなところでザリガニさんを釣る少年。   私の仲間がいました(ニホンザル)
IMG_0503.jpg 
展望台からの眺め。

IMG_0497.jpg
この日本のビバリーヒルズのどこかに・・・



04/12


今日は、川崎で行われたあるライブに行ってきました。
THE UNITという、元オフコースのギタリスト松尾一彦さんが参加されているバンドのライブです。
メンバーは歌手の森川由加里さんとキーボーディストの土屋剛さんとの3人組です。
森川さんは私の中では「昔のアイドル歌手」という認識で。
ちょっと演奏曲もそれっぽい感じがあり、もうちょっと大人の音楽を期待していたので、期待とは違ったなという感じです(^^;
でもトークが面白い人でした。さすが、テレビに出るタレントさんは違います。
テレビの裏側とか、結構喋ってました。
もちろん歌も上手いです。プロですね。
私がライブに行ったのは松尾さん目的だったのですが、
昨日も同じ場所で松尾さんのソロライブがあり、小田さんのライブでもおなじみの園山さんも出ていたので行きたかったけど仕事で行けませんでした。
なので今日行きました。
THE UNITでの松尾さんは伴奏に徹していて、ずっとうつむいたままって感じで。
でも話をふられると独特の雰囲気で喋って笑いをとっていました。
一曲だけ松尾さんメインボーカルでビートルズの「two of us」を歌ってくれて、
大好きな曲だったので嬉しかったです♪
出来れば松尾さんのエレキギターやハーモニカも聴きたかったです。
今日はアコースティックでした。
小田さん以外の元オフコースメンバーを生で見るのは初めてて、いい経験になりました。
元メンバーがライブ活動をしていることは知っていましたが、積極的に行こうと思ったことがなかったんです。
というのも、私は、オフコースファンというよりやっぱり小田和正ファンなので、
もちろんオフコースのことも好きですし、オフコースの曲も全部知っているし、書籍や映像や音源でよく存じ上げています。
松尾さんといえば、バナナや長島茂雄のモノマネのイメージで、
オフコースのメンバーで一番ひょうきんな人です。
オフコース時代に比べてすごく痩せてました。
そして髪も髭も白髪でメガネをかけていて、まるで「緑の日々」のPVで出てきたような感じに(笑)そこまでじゃないですね。すいません。
思っていたよりも小柄で、あんなスローな動きだとは思ってませんでした。
すごいベテランミュージシャンの風貌ではあります。
でも、すごくオフコースが身近に感じました。
こんなに近くで見られる存在なんだと。
ちなみに松尾さんの娘さんは私と同じ高校に通っていたらしいです。
卒業後母校に教育実習に行ったときに在校生だったようですが、お会いはしてません。
私のよく知ってる先生方に同じように習ったんだなと思うとなんだか親近感わきますよね。
世の中意外と狭いですね。

こんど、6月には松尾さん、大間さん、清水さんの3人で活動しているA.B.C.のライブがあるそうなので、行ってみたくなりました。
ビートルズの曲とオフコースの曲演奏するらしいです。
フライヤーが入ってました。

でも、5人が集まったら一番いいのにな~。

04/12

Image0281.jpg


5月31日の大阪城ホールのイベント「M802 STILL20 SPECIAL LIVE RADIO MAGIC」、チケット当たったので行けることになりました。
意外と簡単に取れました。
たしかyour songs,our songsも簡単に取れた記憶があります。
案外こういうイベントものは単独のコンサートに比べて取れやすいのかも。
まあ歌う曲はだいたい予想つくし、2、3曲しか歌わないんだろうけど、
でも今年はライブにまだ行ってないので、久しぶりに楽しみです。
他のアーティストのライブも聴けるし。
清水翔太はちょっと興味があります
シングライクも小田さんとは縁がありますしね。
竹善さんは小田さんの多くの曲でコーラスやってますからね。
コラボはあるのかな。
本当言うと、30日のメンバーの中に小田さんいてほしかったんですけどね(^^;

木曜日にテレビ東京で70年代のヒット曲を特集していて、
オフコースも出るようだったので見てました。
懐かしいフォークがいっぱい流れてテンションあがりました。
お母さんと二人で熱唱してました。
お母さんはどちらかというと演歌&歌謡曲派ですが。
やっぱりフォークいいですね。
「22歳の別れ」とか「神田川」とかこういうフォークのスタンダードをしっかり弾き語りできるようにしよう!と思いました。
私はマイ・ペースの「東京」が大好きです。
それで、オフコースは79年のベスト3の2位に入るだろうと思っていたけど、
てっきり「さよなら」が入ってると思ったら「愛を止めないで」でした。
「さよなら」は発売は79年だけど、80年のヒット曲になるんですかね。
それにしても・・・殆ど最後の方でオフコースが映ったわけですけど・・・・
やっぱり、かっこいい!!!!
なんか、他のおっさんたちとは、違いますわ。輝きが!!
流れた映像は82年の武道館で、なんども見ているものですが、
他の映像と比較すると、際立ちますね。
古くさくないし!
他のフォークのおっさんたちはやっぱり髪型とか時代を感じるんですけど、
オフコースというか小田さんは、なんかそれとは違うんですよね。
ていうかオフコース(5人以降の)はフォークじゃないですよね?ロック?
伝説のバンドですね、やっぱり。

そんなオフコースの小田さん以外のメンバーの方を明日初めて生で見る予定です♪

04/09

懐かしい曲を聴いた。
「Don't Think Twice It's All Right」
前にTSUTAYAでCD旧作レンタル5枚で1000円のときに、
適当に借りたTed Lennonの「The Calm」というアルバムに入ってた。
iPodに入れておきながら一回も聴いてなかった(笑)
3曲目にこの曲が入ってて、どこかで聴いたことあると思ったら、
P,P&Mだ!とすぐに思い出した。
でもきっと彼らのオリジナルではないだろうなと思ったら、やっぱりボブ・ディランがオリジナルみたい。
P,P&Mは中学生の頃よく聴いてた。
ご察しの通り、小田和正影響です。
団塊世代の人たちの青春ソングだねきっと。
私は「小田和正」から聴く音楽の幅を広げていってました。
オフコースがカバーしてた曲や、
小田さんがインタビューなどで口に出した音楽を探して聴いてみたり。
ギルバート・オサリバン、エルトン・ジョン、ビリー・ジョエル、ブラザース・フォー、ビートルズなどなど。
中高生のときはこんなのをよく聴いてました。
邦楽でもやっぱり古いフォークソングが好きでした。
最近になって、やっと同時代の音楽を聴くようになった。
これも「クリスマスの約束」の影響。
小田さんがカバーしたり、コラボしたりすると興味を持って聴くようになった。
とくに、ミスチルなんか、ここだけの話、中高生の頃は全然興味なくて、
むしろあの歌い方が嫌いだったんだよね。
本当はミスチル世代なんだけどね。
小田さんに良さを教わりました(笑)

もちろん聴く音楽すべてが小田さん影響ではないです。
自分で好きになったのはエルビス・コステロ。
やつにはハマった。
小田さんそっちのけでハマってた。
最初は「とくダネ」の主題歌「Veronica」とか、
「ノッティングヒルの恋人」の「She」を耳にしたのがきっかけだったかな。
あとなんかのドラマで「Smile」。
「She」と「Smile」はカバーだけど。
「Smile」は小田さんもカバーしてました。チャップリンの曲です。
コステロさんのアルバムは全部揃えたし、
ライブには3回くらい行ったかな。
お陰でFUJI ROCKも経験できました。
今年はサマソニに出るらしいです。行かないけど(笑)
そこから広げた音楽もあったなぁ。
ジミヘンとかコール・ポーターとかヴァン・モリソンとか。
私の小田歴空白の期間はこいつが占めてました。
コステロは声はきれいじゃないし、もともとはパンクロックだし、
荒々しかったり、毒々しい曲が多い。
きっと小田さんとは違うものを求めていた時期だったんだろうな。
でもやっぱり戻って来ちゃいましたよ。

あと、安全地帯にハマった時期もありました(笑)

それでは、P,P&MのDon't Think Twice It's All Rightをどうぞ。






そうだ、オフコースはアマチュアの頃よくP,P&Mのコピーをしてたそうだけど、
小田さんのパートはやっぱりマリーさんなのかな??

04/07

今日PRESSが届いていました。
いつものようにまずBACK STAGEから読んでみると、
先日の芸術選奨受賞についての小田さんのコメントが載っていました。
この前は受賞してファンだけが勝手に喜んで盛り上がって、
あちこちでお祝いのメッセージを発信していましたが、
小田さんからのコメントは何もなく、贈呈式にも欠席で。
なんとなく小田さんの気持ちは分かるような気がしましたが、
でもなにかコメントしてくれてもいいのにな、と思ってました。
それがやっとPRESSで紹介されました。
やっぱりそうかって感じのコメントでした。
小田さん、やっぱり曲げないところは曲げない。
体制側の人間には尻尾をふらない。
でも受賞理由が、去年のツアーだったから辞退はしなかった。
思っていた通りでした。
だから、小田さんについて行きたいと思う人が沢山いるんですよね。
アニキ、かっこいいっす。
大阪での、スタッフ、イベンターさんたちから胴上げされた姿が一緒に浮かんできます。


04/05

IMG_1810.jpg
丁度一年前の今日、小田和正ツアー2008「今日もどこかで」がスタートしたんですね。
先週は先走って、一年前のブログ記事で書いたライブレポを載せてしまいました。
思っていた以上の長文で自分でもびっくりしました(^^;
あんなに書いていたんですね~。
かなり丁寧に書いていました。
小田さん単独のコンサートに行くのは8年振りくらいだったので、その喜びが文章の長さに出ています。

一年前の今日は、私は浜松にいました。
旅の多い一年の始まりでした。
コンサートの翌日は通称「赤電」というローカル線に乗って、
日帰り温泉と美術館に行ったんです。
途中電車を待った「宮口」という無人駅付近をぶらぶらしていました。
もう終わりかけていたけど、桜が咲いていました。
とても天気が良くて気持ちがいい1人散歩でした。
一年前は写真を載せていなかったので、いまさら写真を載せてみます。

IMG_1813.jpg

IMG_1818.jpg
やっぱり静岡と言えばお茶畑ですね。
IMG_1831.jpg
竹と桜。
IMG_1785.jpg
宮口駅。

IMG_1844.jpg

IMG_1836.jpg
駅の待合室にあった「夢をもって」という落書きがなんだか気に入ってしまいました。
どんな人が書いたんだろう。
ここから旅立つ学生かなんかが書いたのかな。
落書きはいけないことですけど、時には心を動かされるものです。

今日はイマイチよく晴れない天気。
桜が咲いているのは昨日電車の窓から見えました。
今日は見に行こうかなとちょっと思ったけど、
だらだらと家で過ごしています。

小田さんの曲のギター弾き語りをしたりしながら。






精神安定剤

カテゴリ:小田さん

04/01

oda090329.jpg


こんなに小田小田言ってますが、
いつもいつも小田さんの歌ばかり聴いているわけでもないんです。
飽きないように、しばらく聴かずに、久しぶりに聴いたときに新鮮さを感じられるようにも。
私が小田さんの曲ばかり聴く時は、ライブ後のテンションあがってるとき以外は、
疲れていたり、気分が落ちてるとき。
心のバロメーターです。
今日は朝ラジオから、キャロル・キングの「SO FAR AWAY」が流れて来て、
「風のようにうたが流れていた」で小田さんが歌っていたのを思い出して、
キャロル・キングじゃなくて、小田さんのあの美しい歌声がすごく恋しくなりました。
なので、通勤の間に聴くiPodは小田和正All Songsでシャッフル。
やっぱりこの声は癒されます。
私の精神安定剤です。
トップへ | 

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

merci pour votre visite

カレンダー

月別アーカイブ

depuis janvier 09

カテゴリ

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

RSSリンクの表示

メールフォーム