2009年02月の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20年

カテゴリ:小田さん

02/27

日付変わっちゃいましたが、
昨日でオフコースが解散して丁度20年だったんですね。
オフコースの活動期間と小田さんソロの活動期間が同じになりました。
ってことは小田さんデビュー40周年じゃん!
あら、めでたい。
やりましょうよ。
40周年記念コンサート。


スポンサーサイト

02/26

本日発売の小田和正「さよならは言わない」買ってきました。
ap bank fes 08のDVDも一緒に。

CDは何度も聴いてます。
DVDも小田さんが出てる2枚目と3枚目の「緑の街」と「to U」のところだけ見ちゃいました。

まずはCDの感想ですけど・・・



素晴らしい。



名古屋で初めて聴いてうけた印象は「映画音楽みたい」だったけど、
それはやっぱり今も変わらないです。
というかCDでじっくり聴いてみて、一層そういう印象が強くなりました。

メロディも、がっと心をつかまれるようなとこばっかりいってるって感じだけど、
すごく、アレンジがいい。
アレンジャー小田和正ですね。
力入ってるなって感じです。
ストリングスの他にフルートとホルンも入ってますからね。
フルートなんて使うの小田さん久しぶりなんじゃないですか。
昔は自分で吹いていましたよね。
「愛のきざし」の小田さんのフルートはいい感じです。

小田さんは昔、シングルのカップリングにカラオケ入れるのはあまり好きじゃないと言っていた気がするんですが、
なんで最近カラオケ入れるのかなと思ってたんですけど、
こんなに素晴らしいアレンジなら、一つのインストとして聴く価値があります。
決してカラオケに合わせて自分で歌ったりできません(^^;
ボーカルありの曲では少し目立たなかった、
ヴァイオリンかビオラだと思うんですけど、これの音がとても素敵です。
いい音ですね~。
なんていうか、すごく、木の音がします。
古いアンティークの木製の家具のある部屋で、弾いてるようなイメージです。
エレキギターのきゅわ~んって感じの音も不思議でいいです。
なんとなく懐かしい感じ。過去に一瞬連れて行かれそうな。
フラッシュバックする感じです。
ピアノのコード進行もなんか個性的ですよね。
これは小田さんが弾いてるんですよね。クレジットがないけど。
なんだか、音作り職人小田和正の姿が目に浮かんできます。
独りで猫背になりながらピアノを弾いて譜面を書いている姿です。
感想というか音から感じたイメージばかり書いてしまいました。

ボーカルはまた更に声が高くなったような気がします。
やわらかくて、とてもやさしい・・・とにかく良い声(*^^*)
ミラクルな声です。

この曲の歌詞は、結構今の卒業式シーズンにもぴったりですね。
是非、どこかの学校で、流してください。

ドラマ「トライアングル」はパリも舞台にしていますが、
私はこの曲はイタリア映画のイメージです。

小田さんは、初めて感銘を受けた音楽は
映画「ティファニーで朝食を」で流れていた「ムーンリバー」で、
いつか自分もあんな音楽を作ってみたいと思ったそうです。
好きな音楽は映画音楽とよく言っていました。
まだその思いは小田さんの中にあるのかな。
私は小田さんに映画音楽やってほしいですね。

ap bank fes 08 DVDの感想はまた今度。

02/17

出ましたね。
出るんじゃないかと思ってました。
最後に「今日もどこかで」をみんなで合唱する、そしてサプライズがあるというようなことを言っていたので。
でも、お台場までいくのはめんどくさかったので行きませんでした。
昨日の夜もまだ情報を得てなかったので、結局出なかったんだと思って、
今朝、父親が「小田さん出るの?」と言うので「出ないよ」と言ってたらいきなり出てました。
慌ててテレビの前に行って録画しました。

いやー、久しぶりに小田さんのお姿を拝見できていっきにテンションあがりましたー(^^)
穏やかな顔してました。

中野アナ、せっかく小田さんと一緒に花道歩いてるのに、小田さん置いて先にスタスタ行っちゃうのがウケました(笑)

小田さんはまさに私の元気のみなもとです♪

02/15

昨日はバレンタインデーでしたね。
私は普通にスルーしちゃったんですけど、
そういえば小田さんが過去に一度だけ「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングに出演した日は1984年2月14日のバレンタインデーだったことを思い出しました。
ちょっとこのときの様子をお伝えします。
ちなみに私は当時4歳ですのでリアルタイムでは見てません。

まず、小田さんを呼んだのは誰だと思いますか?
ミュージシャンかと思いきや、意外にも明石家さんまさんです。
小田さんとさんまさんはそれほど友達じゃないと思いますが、
そのちょっと前に「笑ってる場合ですよ」という番組でオフコースの舞台裏を取材したり、ラジオスタジオでさんまの前のオフコースが使ったあとが汚かったのでさんまが怒ってたとか、そんな関わりはあったようです。
ちなみに、さんまさんの元奥さんの大竹しのぶさんは、最近の小田さんのコンサートにはよく来られているようです。

で、テレフォンショッキング小田さん出演の当日ですが、

タモリさんは「なんだか今日はやりずらい、以前の因縁がありますので」
タモリさんはオフコース嫌いで有名だったらしいです。
いろんなところでオフコースの悪口を言っていたらしいです。

小田さんを呼び入れると、客席から歓声。
タモリいわく
「おもてはパニック状態」
「電報は史上最多の261通」
「花束もおびただしい数」

しかし、会場はシーンとしてしまいます。
タモリさんはやりにくそうですが
でも小田さんはなんだか楽しそうにニコニコしてます。

タモリ、白髪まじりの小田さんの頭を見て
「外、雪降ってました?」
小田さん頭をかく。

タモリ「昨日からどうしたらいいか考えたんですが、
まあ以前のことは水に流してというのも気に食わないですし、
かといって出てきていきなりキスっていうのも・・・キスしていいですか?」
すると小田さん素敵な提案をします。
小田「女の人が代表でするっていうのはどうですか?」
タモリ「え?」
小田「つなぎで、代わりに女の人が・・・」
といいながら恥ずかしそうになり
タモリ「珍しい提案をして何照れてるんですか?」
小田「話題変えましょう」
会場「はい!」「はい!」立候補するお客さん。
なかなか面白い流れになってます。

タモリ「オフコースのコンサートではファンではなさそうな女の人が行って涙を流してるらしいですね。」
小田「そんなことないんじゃないですか?こっちからは見えませんので」
タモリ「まさかステージでもやりながら泣いてるなんてことは?」
小田さん、なぜか馴れ馴れしくタモリさんの肩に触る。
タモリ、肩をはらう。
小田「コンサート来てたでしょ?」
タモリ「私がですか?いいえ。・・・見えました?」
小田さんなぜか爆笑。

小田「(オフコースを)好きな人ばかりじゃ気持ちわるいですからね。
嫌いだという人がいるのはかえって面白い。
でも嫌いだと言っている人のところに来るのはどうかと思ったんですよ。(タモリに向かって)汗びっしょりですね(笑)」
タモリ「どう締めくくったらいいか困ってまして。
今日は休戦ということでどうですかね?」
小田「あまり飲めませんけど、今度一回ね」
タモリ「では休戦ということで」
小田「全然問題ないですよ」
タモリ「なんだか目が諦めたって目になってますね」
タモリ「英語でオフコースはいいともって意味なので、
では私が何か言いますから、そしたら全員でオフコースって言ってもらって和気あいあいとして終わりましょうか」
小田「いいですよ。僕は黙ってればいいんですか?」
タモリ「え?いや、黙ってないで一緒にお願いしますよ~」
小田「あそうですか」
タモリ「では、今度飲みにいってくれるかな~?」
小田「オフコース!」
会場はタイミングあわずぱらぱら。
タモリ「なんだか決まり悪い感じになってしまいました。」

タモリ「ではお友達を・・・」
小田「仙ちゃん。星野仙一を」
電話をかけている間、シーンとしています。
タモリ、「あの・・・・まいっか」(何か言いたげ)
小田さんはなんだかマイペースに独特の雰囲気を保ち続けてます。
タモリさんだけ汗だくで困ってます。
タモリ「ノッたってことあるんですか?」
小田「ノりますよ。どちらかというとおしゃべりです」

電話がつながると
小田「小田です」
星野さん「どうした?」
小田「いまね、タモリにいじめられてるの」(星野さんに言いつける小田さん、かわいい)
ということで小田さんは親友の星野さんを呼びました。

最後に星野さんへのメッセージをということで
タモリがメモを書こうとしてます。
小田さん「芸能人としての自覚をもって・・・」
と番組中で一番いっぱい1人で喋ってますが、
タモリはメモとらずに卑猥な絵を描いてます。
小田さんそれを見ながら「それは芸能人のマークですか?」(←天然?)
タモリ「ええ、芸能人はほとんどこれで失敗してます」
小田さん苦笑。

って感じでした。

この後、小田さんとタモリさんは会うことはあったんでしょうかね。
小田さんとさんまさんも会ってなさそう。
小田さんがいいともに出ることは二度とないと思いますので、
かなり貴重な出演だったんじゃないでしょうか。

090301_2.jpg


一部アップされてます↓



02/03

あの~、
眠気が覚めちゃったんですけど。

「さよならは言わない」のジャケット写真を見たんですけど、

これどうなんですかねー。

「かっこいい」より「おもしろい」と言われたい小田さんだから
こうなったのかと思いますが。

これは・・・

歌のイメージと全くあってないですよね。

わざとねらったギャップとしても、
うーむ。。。

あの~、
CD屋さんでレジに持って行くの恥ずかしいジャケットにしないでいただきたいです(笑)
裏返して持って行っちゃいますよこれ(笑)

衝撃的でした。

小田さんも、たまにはジャケットを有名なデザイナーとかアートディレクターとかにやってもらえば良いのになぁ。
そういうところにはお金をかけない主義なんですかね。

それか小田さんの描いた絵をジャケットに!
お願いします。
素敵な絵描くんだから~。
もったいないです。

それか、スキマスイッチのアルバムみたいなイラストがいいな。

私は、安曇野の美術館で見た、
成瀬政博さんの絵が小田さんの音楽とコラボしたらいいなーって思ったんです。
小田さんと同じ歳だし。
感性が合うんじゃないかと。
勝手に思ってるだけです。すいません。
こんな絵です↓
http://banana-moonweb.com/index.html

だれでも見たことありますよね。

あれ、なんかこんなこと前にも書いた気がしてきました。

ま、いっか。
新曲のジャケット見る度にそう思ってるってことです。
トップへ | 

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

merci pour votre visite

カレンダー

月別アーカイブ

depuis janvier 09

カテゴリ

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

RSSリンクの表示

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。