2009年01月11日の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01/11


一昨日の朝チャゲ&飛鳥解散報道にびっくりしたら、午後には事務所否定。
どっちなんだろう。
チャゲアスといえば、小田さんの「ラブ突」とほぼ同時期に「SAY YES」がヒットしてて、
小田さんと同時期に存在を知ったアーティストでした。
不思議なことに、「ラブ突」の後は同年代には小田和正の知名度は低かった、というか周りではほぼ誰も知らないような感じで。
困ることには字が似てて声が高いってことで小野正利と勘違いしている場合もあってそういう場合は焦りました。私は一生懸命小田布教活動をしていたんですけどね。
でもチャゲアスは知名度も高く同年代にも結構人気で熱烈なファンがいたように思います。
彼らの人気は本当にすごかったです。
「ラブ突」「SAY YES」のすぐ後には小田さんと飛鳥さんは「USED TO BE A CHILD」というグループを組み、
「僕らが生まれたあの日のように」という曲を作りました。これっす↓




このPVがたしか「NEWS23」で流れるって新聞に書いてあって待ち構えて録画した記憶があります。
それで学校で先生に提出する日記(当時小学生)にこのことを書いたら、
先生が教育的にいいと思ったのか給食の時間に教室のテレビで流してくれました。
私は学校の先生にまで布教してたんですね。
でもクラスの子はあまり見てなかった気がします・・・。

イラストはサウンドコニファーというイベントを一緒にやったときの、
ステージに向かう小田さんと柴田さんと宮崎さん(笑)です。
小田さんが二人を本名で呼んでからかってました。
って私はこのイベントがあったころは小田離れしてて、あとからLIFE-SIZEを買って見て知ったんですけど、これにウケたもので。
あと飛鳥さんが小田さんがギターにつけてるチューナーを見て
「補聴器かと思った」と言って小田さんが「お前なぁ」と言ってるのも。
飛鳥さんも負けてませんね。

そんな感じで小田さんとチャゲアス、特に飛鳥さんとはちょくちょく一緒に何かやってるんですねー。

2006年のap bank fesでは小田さんとASKAさんが同じ日の出演で、
私はASKAさんのライブも見たのですが、
友達と「チャゲも連れてこーいヾ(*`Д´*)ノ"」と言ってました。
チャゲ&飛鳥で「YAH-YAH-YAH」とか「SAY YES」が聴きたかったんですよね。

去年のap bank fesでは前日にASKAさんがステージから飛び降りたぜぃって小田さんに報告したもんだから小田さんもなにを~って感じでよーし俺はもっと暴れてやる!ってなったらしいです。
それであのようなことに・・・

それでは今日は続きに去年のap bank fesレポを旧ブログからコピーします。


スポンサーサイト
トップへ | 

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

merci pour votre visite

カレンダー

月別アーカイブ

depuis janvier 09

カテゴリ

全記事表示リンク

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

RSSリンクの表示

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。